電子工作

【HS0038】中華製の赤外線センサー使ってみた

アマゾン等でよく売られている赤外線センサー

いつぞやに購入した、マジョカアイリスをプレゼンのスライド切り替え装置にしようという目論見のため、赤外線センサを探したところ、Amazonで格安の赤外線センサーが大量に売られていました。

型番はHS0038というようです。

以前にラジコンを製作したときも中華製の赤外線センサを購入し、その不良品に四苦八苦しましたが、人間懲りないものです。

また購入してみました(ゲス顔)

本物のデータシートはどれ?

HS0038でGoogle検索を行うと、データシートが出てきますが、イマイチ外観図が違います。

aitendo、楽天、AliExpressでもこのセンサは販売されていますが、ドンピシャなデータシートがなかなか出てきませんでした。

これ以外にも検索を行うと、同名の型番なのにピンアサインや形状が異なる中国語のデータシートが続々と出てきて、訳が分からなくなってきます。

HS0038のピンアサインと仕様

結局このデータシートの内容で正しいようです。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: image-12.png

下記のリンクから詳細なデータシートを閲覧できます

https://ja.datasheetq.com/datasheet-download/141025/1/Unspecified1/HS0038

実際に実験してみた

Arduinoにセンサを接続し、実際にリモコンから送信されたデータが取れるかどうかチェックしてみました。

データの取り方はこの記事で解説しています。


ちゃんとデータを正しく取ることができました。

全然使うことができそうです。