Linux

大学内のネットワークで時刻同期

はじめに

この記事は、大学の研究室などでPCの時刻がずれてしまうという人向けの記事です。

経緯

名城大学内のネットワークで時刻同期をしようとしたところ、NTP用のポートが塞がっており時刻同期ができなかった。(通常はUDPの123番ポートが使用される。)

管理者に問い合わせたところ、学内に独自のNTPサーバーが設置されているのでそれを使えとのことだった。

※後に分かったことだが、他大学でも外部の時刻同期サーバーが使用できない境遇の人が多いみたい。自分の大学にNTPサーバーが設置されてないか確認してみよう!

多くの被害者

  • そのことを知らない学生が多いのか、研究室内のPCは時刻がバラバラ。
  • 時刻を用いるロボット等の同期の不具合に繋がり、原因究明にすごい時間を費やす。
  • Windows Updateや、通常のインターネット接続で不具合が発生する。
  • 表示されている時刻がずれていたせいで、終電に間に合わなくなる。

NTPサーバーのアドレス

名城大学の場合、学内に設置されているNTPサーバーのアドレスは以下の通りだった。

ccdmgms1.meijo-u.ac.jp

Linuxで時刻を同期する

ntpdateをインストール(初回)

ntpdateをインストール

sudo apt install ntpdate

時刻同期コマンド

NTPサーバーのアドレスは適宜自分で変更すること。

sudo ntpdate -u ccdmgms1.meijo-u.ac.jp

uオプションは、ポートの重複を防ぐためにつけていますので、状況に応じて省略してください。

上記の時刻同期コマンドをPC起動時に自動実行するように設定しておくと便利。

Windows10で時刻同期する

右下のカレンダー機能(時刻、もしくは日付が表示されているところ)を右クリックし、「日付と時刻の調整」という項目をクリック。

日付と時刻の項目の右側に、「別のタイムゾーンの時計を追加する」という設定があるのでこれをクリック。

「インターネット時刻」のタブを開き、「設定の変更」を開く。

すると別ダイアログが開かれるので、「インターネット時刻サーバーと同期する」にチェックを入れ、学内のNTPサーバーのアドレスを入力する。

サーバーのアドレスを入力したら「今すぐ更新」を押し、時刻が同期されたことを確認する。

雑なまとめ(?)

大学のネットワークでNTPサーバーのポートが塞がれているのは、NTPリフレクション攻撃を防ぐためのものだと思う。

研究でこれからROSなどを触る人は時刻同期の設定をしておくと幸せかもしれない。是非活用してほしい。